トップページ > 最新情報 > Amazon Music、登録者数でApple Musicに接近〜5,500万人に到達
2020年1月27日 17時17分

読了まで 214

Amazon Music、登録者数でApple Musicに接近〜5,500万人に到達


 
Amazonの音楽ストリーミングサービスAmazon Musicの登録者数が5,500万人を超えたことをAmazonが明らかにしました。業界シェアトップのSpotifyにはまだ届きませんが、Apple Musicに迫ってきています。

音楽ストリーミングでAppleに迫るAmazon

Amazon Musicは6つの異なる価格帯のサブスクリプションで構成されており、登録者数5,500万人という数字には無料ユーザーも含まれていますが、Amazonによれば「ほとんどが有料登録者である」とのことです。
 
「Amazonは通常あまり数字について語らない」と、Amazon Musicを統括するスティーブ・ブーム氏は述べています。「しかしながら、かなりのスケールになってきたので、語っても良いと思った」
 
Appleは昨年夏にApple Musicの登録者数が6,000万人を超えたことを発表しましたが、Amazon Musicはその水準に急速に接近していると言えます。
 
業界シェアトップのSpotifyは、1億1,300万人の有料登録者と、2億4,800万人の月間ユーザーを抱えていることを昨年9月に明らかにしています。

米国内で異例の成長を遂げるAmazon Music

Amazonは90年代のCDの時代から音楽の販売を行っており、MP3のダウンロード販売も行ってきました。しかしながら、音楽ストリーミングへの参入は他社よりも若干遅めで、Amazon Musicは2016年秋にサービス開始となりました。
 
Amazonは、AmazonプライムやEchoスピーカーと組み合わせると価格が安くなるキャンペーンをAmazon Musicで展開しており、Amazonプライム会員は月額780円、Echo端末ユーザーは月額380円でサービスを利用することができます。
 
結果として、Amazon Musicの登録者数は、2019年に対前年比で50%増となりました。
 
コンサルタント企業Midia Researchによれば、昨年6月時点で大手音楽ストリーミングサービスのシェアは、Spotifyが35%、Appleが18%、Amazonが13%を占めるに至りました。
 
米国で音楽ストリーミングの勢いが鈍化するといわれる中、Amazonは異例の成長を遂げていることがわかっています。
 
 
Source:Financial Times, Amazon
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる