トップページ > Mac > macOS版を含むFirefoxブラウザに脆弱性、米国の当局がアップデートを呼びかけ
2020年1月14日 05時29分

読了まで 149

macOS版を含むFirefoxブラウザに脆弱性、米国の当局がアップデートを呼びかけ

Firefox
 
サイバーセキュリティーを担当する米国の機関、国土安全保障省国家保護・プログラム総局(CISA)はこのほど、Firefoxに重大な脆弱性があるとして、ユーザーにソフトウェアアップデートを呼びかけました。

Firefox 72.0.1へのアップデート

米国でサイバーテロを含むテロリズムの防止や、サイバーセキュリティーの管理を担当する国土安全保障省国家保護・プログラム総局は、古いバージョンのFirefoxブラウザに重大な脆弱性があるとして、ユーザーに注意を呼びかけました。

 

Firefox

 

バージョン72.0.1ではこの脆弱性が改善されているため、Firefoxブラウザのユーザーは速やかにアップデートを行う必要があります。

 

Firefoxの古いバージョンでは、悪意のある攻撃者がWebページを通して、許可されていないコードをコンピューター上で実行する危険性があります。

ゼロデイ攻撃される可能性も

この脆弱性は最初、バージョン72がリリースされた2日後、中国の企業Qihoo 360が発見しました。しかし、誰が誰に対してハッキングを行ったかや、どれくらいの期間この脆弱性が存在していたかなどは明らかになっていません。

 

Firefoxブラウザにゼロデイ脆弱性が見つかったのはこれで3回目となります。MacなどのコンピューターからFirefoxを使用しているユーザーは速やかにアップデートを行ったほうが良さそうです。

 
 

Source:CISA via MacRumors
Photo:mozilla
(david)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる