トップページ > 最新情報 > 次期Apple Pencilはフルタッチ感応になる?Appleが特許を申請
2020年1月12日 19時50分

読了まで 156

次期Apple Pencilはフルタッチ感応になる?Appleが特許を申請


 
Apple Pencil 2では、スタイラスのボディ上のパネルをダブルタップしてアイテムやモードの変換ができるようになりましたが、次期Apple Pencil触覚入力が可能になるかもしれません。Appleが2018年に特許を申請していたことが明らかになりました。

Apple Pencilのみですべての入力をまかなえるようになるか

「スタイラスのためのタッチをもとにした入力(TOUCH-BASED INPUT FOR STYLUS)」と名付けられたAppleの特許出願には、「ユーザーの自然な持ち位置から触覚入力が可能であり、比較的シンプルな静電容量センサが使用される」と記載されています。
 
加えて、「スタイラスはユーザーの触覚入力と、通常使用による接触を見分けられる」とされています。
 
特許出願には、「ユーザーがスタイラスを使用している際、iPadのタッチスクリーンやその他のデバイスを使用する必要がない」とも記されており、スタイラスのみですべての入力をまかなえるようになることが示唆されています。
 
特許には、「タップ」ジェスチャーと「スワイプ」ジェスチャーの仕方を示す図面も含まれています。
 

Apple Pencilで紙の上に描いているような感覚が得られるかも

Appleは、スタイラスであたかも紙の上に描いているような感覚が得られる特許を2018年に申請していたことが昨年末に明らかになっています。
 
質感の再現にはハプティックフィードバックが使用され、「力覚センサーシステムは、先端に力がかけられたとき、ハウジング(筐体部品のうち装置などを包んで保護する覆いの部品)に対する先端の動きを検出することができる」とされています。
 
 
Source:Apple/USPTO via AppleInsider
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる