トップページ > iPhone XR > Apple、2019年にインド市場で挽回〜プレミアム価格帯でトップシェアを獲得
2020年1月7日 18時11分

読了まで 155

Apple、2019年にインド市場で挽回〜プレミアム価格帯でトップシェアを獲得


 
インド市場で苦戦を強いられていたAppleですが、昨年廉価なiPhoneモデルが好調だったこともあり、売上を挽回した、とインドメディアLivemintが伝えています。

2018年の売上低迷状態から回復

前モデルの値下げ(iPhone XR)と、廉価な最新フラッグシップ機(iPhone11)がAppleの2019年度のインド市場での売上を支えたことがわかりました。
 
iPhoneだけでなく、Apple Watch、AirPods Pro、Macの売上も好調であったとのことです。

 
2020年は廉価なiPhone SE 2の発売も見込まれるため、Appleのさらなる躍進が期待できる、とCounterpoint Researchのタルン・パタック氏はコメントしています。

インドでは廉価iPhoneモデルが人気

Appleは700ドル〜850ドル(約76,000円〜92,000円)の価格帯のデバイスに続けて焦点を当て続けるべき、とIDCインドのウパサナ・ジョシ氏は述べています。
 
「割引を付加した700ドル〜850ドルのデバイスがインド市場でのiPhoneのスイートスポットであることには間違いないが、出荷台数を伸ばすためには旧モデルへの継続的な注力も必要だ」
 
Appleはインドのプレミアム価格帯スマートフォン市場において、2019年第3四半期(7月〜9月)に51.3%のシェアを獲得し、国内でトップとなりました。
 
Appleは2019年第2四半期(4月〜6月)もインドのプレミアム価格帯スマホ市場で41.2%を占め、トップシェアを獲得しました。
 
また2019年第3四半期は、Macの売上も好調であったことがわかっています。
 
 
Source:Livemint via 9to5Mac
(lexi)

カテゴリ : iPhone XR, iPhone11, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる