トップページ > 最新情報 > Apple Watch用人気アプリ開発の学生、収益全額を森林火災対策に寄付
2020年1月7日 00時22分

読了まで 313

Apple Watch用人気アプリ開発の学生、収益全額を森林火災対策に寄付

Chirp for Twitter
 
Apple Watch向け人気アプリの開発者が、オーストラリアで続く大規模な森林火災のために、アプリ内課金の収益を全額寄付すると発表しています。

大規模な森林火災に、学生開発者が立ち上がる

アプリ内課金の売り上げの寄付を発表したのは、Apple Watch向けの高機能Twitterアプリ「Chirp」などの開発者で、オーストラリア・アデレード在住の学生、ウィル・ビショップ氏です。
 
Will Bishop氏
 
オーストラリアでは、2019年9月頃から現在も、高温と乾燥による大規模な森林火災が続いており、これまでに23人が亡くなるなど、大きな被害が出ています。
 
現地時間1月3日にビショップ氏は、1月4日から5日にかけてのアプリ内課金の収益を全額寄付する、と発表しました。
 


 

寄付額は水曜日に発表

収益を寄付する予定の期間は1月5日で終了しましたが、1月6日になってもアプリ内課金は減るどころか増加しているそうです。
 
ビショップ氏は、これらの課金による収益も寄付目的のものとみなして、同様に寄付する意向を表明しています。
 


 
具体的な寄付額は、水曜日には発表するとのことです。
 
ビショップ氏は、アプリ内課金での寄付に間に合わなかった方のために、自身の寄付先である3団体にオンラインで寄付できるWebフォームも案内しています。
 


 

ユーザーが任意で金額を選べるアプリ内課金

「Chirp」は、無料で利用できるTwitterアプリですが、アプリ内課金で「Pro」バージョンで機能拡張が可能です。
 

 
興味深いのは、「Pro」バージョンに対する支払額はユーザーが370円、490円、730円の中から選べることです。どの金額を選んでも画面に感謝のメッセージと紙吹雪が表示されます。
 
Chirp for Twitter
 
また、アプリ内にはチップを支払う「チップ・ジャー」も設けられていて、ユーザーは120円から1,600円を支払うこともできます。
 
Chirp for Twitter
 
同氏は、Apple Watch用のReddit閲覧アプリ「Nano for Reddit」、同じくApple WatchでWikipediaを閲覧・ダウンロードできるアプリ「MiniWiki」も公開しています。
 

 

 
 
Source:Will Bishop/Twitter via 9to5Mac
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる