トップページ > 最新情報 > KDDIとローソンが提携発表、「au WALLET」は「Ponta」に統合へ
2019年12月17日 00時44分

読了まで 213

KDDIとローソンが提携発表、「au WALLET」は「Ponta」に統合へ

au WALLET Ponta アイコン
 
KDDIは12月16日、ローソン、三菱商事、ポイントサービス「Ponta」を運営するロイヤリティ マーケティングと連携した取り組みを発表しました。auユーザーに付与されている「au WALLETポイント」は「Pontaポイント」に統一されます。

ポイントの統合は2020年5月から

KDDIは12月16日、ローソンと資本業務提携を締結し、両者の顧客基盤を活用したマーケティングを推進することに合意したと発表しました。
 
また、三菱商事が保有する「Ponta」サービスを運営するロイヤリティ マーケティングの株式を取得する資本業務提携を発表し、KDDIが提供するポイントを「au WALLETポイント」から「Pontaポイント」に統一すると発表しました。
 
ポイントの統一時期は、2020年5月以降と発表されています。

「au PAY」と「Ponta」が相互利用可能に

この連携に伴い、「au ID」と「Ponta会員ID」が連携し、「Ponta」アプリに「au PAY」機能が、「au WALLET」アプリに「デジタルPontaカード」機能が、「ローソン」アプリに「au PAY」機能が実装され、相互にサービスが利用可能となります。
 
「au PAY」と「Ponta」の連携により、会員数は1億人以上、モバイル口座数は2,200万以上、年間ポイント付与額は2,000億円相当以上の大きな会員基盤が誕生することとなります。
 
KDDI ローソン 提携
 

ローソンでのポイント高還元、サブスクなど提供を計画

提携を発表した各社は、「通信・決済」「ポイント」「リアル店舗」の特性を活かした価値を提案したい、と発表しています。
 
ローソンでの「au PAY」を利用した場合の還元率を高く設定するキャンペーンや、コンビニ来店客向けのサブスクリプションサービス、モバイルオーダーサービスも計画されています。
 
KDDI ローソン 提携
 

携帯各社がポイントでサービス競争

大手携帯電話キャリア各社は、ソフトバンクのPayPay、NTTドコモのdポイントを提供する各種キャンペーンで、ユーザー向けサービスを競っています。
 
KDDIは、楽天との連携QRコード決済の共通化に続いて「Ponta」サービスを取り込むことで、ユーザー向けサービスの競争力を高めたい考えとみられます。
 
 
Source:KDDI (1), (2), (3)
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる