【取材】Apple 川崎がオープン!1,600人以上が行列、ハイタッチで入店


     
    2019年12月14日午前10時、国内10店舗目のApple StoreとなるApple 川崎がオープンしました。オープンの時点では、1,600人以上のAppleファンが長い列を作っていました。

    入店待ちの行列はラゾーナ川崎プラザを出て続く

    Apple 川崎は、12月14日午前10時、川崎駅直結の大型商業施設、ラゾーナ川崎プラザ2階のルーファ広場に面した200番区画にオープンしました。
     
    前日から並び始めた方もいた入店待ちの行列は、ルーファ広場の中を折り返し、ラゾーナ川崎プラザの施設を超えて続き、オープン1時間前の時点で、すでに線路沿いに伸びていました。
     
    Apple 川崎がオープンした時点で1,600人を超えたそうで、9月にオープンしたApple 丸の内の1,300人をさらに上回る人数となりました。
     

     

    オープン10分前にはスタッフがハイタッチで歓迎

    オープンの10分ほど前には、スタッフが行列の脇をテンション高く駆け抜け、入店待ちの方々とハイタッチして歓迎していました。
     

     


     

    カウントダウンに続いて、Apple 川崎がオープン!

    午前10時、スタッフたちによるカウントダウンに続いてApple 川崎がオープンすると、待ちわびていたApple ファンたちが続々と入店していきました。
     

     


     
    スタッフたちに拍手で迎えられた来店客には、Apple 川崎のロゴが型押しされた箱に入った記念品が配布されていました。
     

     
    入手困難になっているAirPods Proの店頭在庫も用意されており、多くの方が列を作っていました。
     

     
    店内の様子は、先日の内覧会の記事でご覧ください。
     

     

    開店直後にToday at Appleセッションも開催

    Apple 川崎に入って正面にあるエリアでは、10時15分から大型ビデオウォールを使った「Today at Apple」のセッション「クイックヒント:iPhoneで写真を撮ろう」が開催されていました。
     

     
    Apple 川崎では、製品の使い方をはじめ、写真や動画撮影を学べるセッション、子供と一緒に家族で楽しめるセッションが数多く開催される予定です。
     
     
    参照:Apple 川崎
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次