iPhone12のバッテリー駆動時間、部品の小型化で更に延びる?

    iFixit iPhone11 Pro Max バッテリー

    iFixit iPhone11 Pro Max バッテリー
     
    2020年に登場するiPhone12(仮称)はバッテリーを保護するモジュールが従来モデルよりも50%小さくなることで、バッテリー自体の容量が増加する可能性があります。

    複数の部品を一体化

    韓国メディアのThe Elecによると、バッテリーの過充電を防ぐ保護回路をiPhone11に供給するサプライヤーのITM Semiconductorが、モジュールの改良に成功したそうです。具体的には、MOS型電界効果トランジスタ(MOSFET)を搭載した保護回路とプリント板(PCB)を一体化することで固定するケースが不要となり、モジュールの小型化へと漕ぎ着けることができたようです。
     
    iphone12 モジュール ITM
     
    ITMはベトナムにApple専用の生産工場を建設していることから、将来的にはiPhoneへの該当モジュール供給で中核を担っていくと考えられています。現在はITMの他に、台湾のCompeqと日本のミネベアミツミも供給を手がけています。

    またもや“史上最長”なるか

    業界関係者によると、小型化したモジュールは早速、2020年のiPhone12に採用される可能性が高いそうです。
     
    奇しくもチップの小型化により、2020年のiPhoneは駆動時間が大幅に延びるかも知れないといった大胆な予測も登場しているだけに、改良モジュールの採用によるバッテリー容量の増大が、更なる駆動時間の後押しに繋がる可能性は高いでしょう。
     
    なお、iPhoneのバッテリー駆動時間は毎年のように“史上最長”を記録しています。例えば、iPhone11シリーズは前モデルより最大5時間も延びています。
     
     
    Source:The Elec via MacRumors
    Photo:iFixit
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次