トップページ > iPhone > 米法律事務所、スマホの電波が安全値超えだとしてAppleとSamsungを提訴
2019年12月7日 05時54分

読了まで 25

米法律事務所、スマホの電波が安全値超えだとしてAppleとSamsungを提訴

Apple iPhone8
 
米イリノイ州シカゴの法律事務所Fegan Scottが、AppleとSamsungのスマートフォンが発する電波の強さが、連邦政府が定めた安全基準値を超えているとして、両社を提訴しました。

Chicago Tribuneの記事がきっかけ

今回の訴訟に起因するのは、今年8月に米日刊紙Chicago Tribuneが発表した調査報告書です。同紙はスマートフォン11機種の電波の強さを専門機関に依頼して測定、iPhone7を含む複数のスマートフォンが発する電波の強さが、基準値を上回っていたと結論づけています。
 
Appleはこの記事に対し「測定方法が適切でない」と反論、さらに「iPhone7を含むすべてのiPhoneはFCC(米連邦通信委員会)の認可を受けており、販売されているほかのすべての国々においても承認されている」とし、電波の強さは基準値内であると主張しています。

法律事務所も独自に測定

Chicago Tribuneの報道があった翌日、Fegan Scottは独自の調査を行うと発表、FCC公認の研究所に依頼し、スマートフォン6機種を対象に人体から0mm〜10mmの距離で電波の測定を行いました。
 
人体から2mm離れた位置で測定した結果、Galaxy S8とiPhone8からは連邦政府が定めた基準値の2倍以上、人体から0mmの距離(つまり身体に触れた状態)での測定では、iPhone8からは5倍以上の強さの電波が確認できたとのことです。この調査結果を受け、AppleとSamsungを相手取り訴訟を起こす決断をしたと、Fegan Scottは説明しています。

待たれるFCCの再検査報告

ただし米メディアMacRumorsも記しているように、基準値を上回っているからといって、実際に人体にどの程度の影響を与えるのかは不明です。また実験の方法や環境などが違えば結果も異なる可能性があります。
 
FCCはChicago Tribuneの報道を受けて、夏の時点で数カ月以内に再検査を実施すると回答していますが、同機関による検査結果はまだ公表されていません。

 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる