「MacBookからiPhoneやApple Watchを充電」するAppleの特許公開

    MacBook
     
    Appleがワイヤレス充電に関して取得した特許の詳細をアメリカの特許庁が公開しています。この特許はMacBookからiPhoneやApple Watchなどを充電できるようにするアイディアについてであり、今後の製品化に期待が集まっています。

    ワイヤレスの延長線上

    Appleは全ての製品について「ワイヤレス」であることを重視しています。iPhone、Apple WatchだけでなくAirPodsもワイヤレス充電に対応し、またファイルの送受信やネット接続など充電以外でもワイヤレスでできるようにAppleは製品の機能を進化させています。その延長線上として充電パッドを使わず、iPhoneなどから他のデバイスを充電するというアイディアは以前からありました。
     
    第2世代 AirPods
     
    Apple製品の予測で著名なアナリストもiPhone11は他の機器をワイヤレスで充電できる機能を備えていると予測していました。この予測は結果的に外れたのですが、今回詳細が明らかになった特許からも分かるように、Appleは製品同士でワイヤレス充電ができる仕組みについて大きな関心を持っていそうです
     
    公開された図を見る限り、MacBook使用中に充電機能を使うのは難しそうですが、休憩時間や夜間などにMacbookから充電することはできそうで、机の上で充電コードが絡まり合ったり、充電パッドが作業スペースを占領してしまったりということはなくなりそうです。Appleが取得した特許はすぐに製品化に結びつくことは少ないのですが、MacBookからのワイヤレス充電は便利そうなので、ぜひ早めに商品化して欲しいところです
     
     
    Source:Patently Apple via iPhone Hacks
    (KAZ)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次