トップページ > 最新情報 > 将来のAirPodsは空気圧センサーで装着状態を判別か
2019年11月27日 16時28分

読了まで 152

将来のAirPodsは空気圧センサーで装着状態を判別か

AirPods
 
AirPods Proはノイズキャンセリング機能のついた完全ワイヤレスイヤホンとして大ヒット商品となっています。そのためAppleとしてもAirPodsをさらに進化させるべく開発を続けていると考えられますが、進化への一つのアイディアがAppleの申請した特許で明らかになっています。

空気圧センサーを搭載

密閉型(AirPods Proは厳密には密閉されてはいません)のイヤホンの場合、耳内部の気圧が外部より高くなることが一般的であり、内外の気圧を測定することでイヤホンの装着状態が判定できます。Appleが申請した特許はこの原理を用いてイヤホンに空気圧センサーを搭載することで、より正確に脱着の有無を判定する仕組みを備えるとしています。
 
Apple AirPods Pro
 
正確にイヤホンの脱着状態が把握できれば、音楽のON/OFFやペアリングの開始などを的確に行えるでしょう。イヤホンを外したのに音楽が止まらない、イヤホンをしたまま横になったら音楽が止まってしまったなど、現行のAirPodsに残る不満点が解消されるはずです。また外部と内部の気圧の差を常に監視することで密閉と解放を柔軟に切り替え、音質の向上と装着時の不快感の低減をさらに高次元で両立することも可能になるかもしれません。
 
とは言え、現時点では特許申請の段階であり、これがいつ、どのように製品化されるかは不明です。またこのままアイディアだけで製品化には結びつかない可能性も否定できません。なお、このような特許が出願されたことから、AppleがまだまだAirPods Proをはじめとしたウェアラブルデバイスの開発に注力していることは確実だと考えられます。
 
 
Source:AppleInsider
(KAZ)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる