トップページ > Apple Watch > Apple Watchで命拾い〜テキサス在住獣医の心房細動を検出
2019年11月24日 07時30分

読了まで 148

Apple Watchで命拾い〜テキサス在住獣医の心房細動を検出


 
Apple Watchが再び、ひとりの男性の命を救いました。米テキサス在住の獣医レイ・エマーソンさん(79)は、プレゼントとしてもらったApple Watchに知らされるまで、心房細動の症状に気づいていませんでした。

Apple Watchが心房細動を検出

発売以来、Apple Watchに命を救われたという報告は枚挙にいとまがありませんが、心電図機能を搭載したApple Watch Series 4が登場してからは、さらにそうした報告が増えています。
 
エマーソンさんはある日突然、Apple Watchから心房細動を検出したという警告を受け取りました。特に健康に問題はなく、動悸、めまい、疲労といった、心臓病特有の症状もなかったそうです。
 
しかしすぐにかかりつけの医師の診察を受けたところ、確かに心房細動があると診断されました。エマーソンさんはその後手術を受けています。
 
エマーソンさんのApple Watchはプレゼントとして贈られたもので、「ケチなので自分では買っていない」そうですが、今はApple Watchのことを「私の相棒だ」と語っています。

週に1人〜2人が通知を受けて診察に

米メディアCBS Austinの取材に答えた、セント・デイビッド・メディカル・センターで心臓電気生理学を専門とするジェイソン・ザグロズキ医師によれば、週に少なくとも1人〜2人が、Apple Watchから警告を受け取ったとして診察を受けにくるとのことです。

 
 
Source:CBS Austin via 9to5Mac
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる