Apple、米テキサス州オースティンに新キャンパスを建設開始


     
    新型Mac Proの生産施設のすぐ近くで、Appleの新キャンパスの建設が始まりました。新キャンパスは、10億ドル(約1,087億円)規模の建物で、300万平方フィート(約28万平方メートル)の広大な床面積を誇り、最大1万5,000人の従業員が収容可能とされています。

    新型Mac Proの生産ラインはすでに稼働中

    Appleのオースティン新キャンパスは、2022年のオープンが予定されています。
     
    Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、Twitterで新キャンパスについて告知しました。
     

    我々の新しいオースティンキャンパスの建設が始まった。そして新型Mac Proの生産ラインも稼働中だ!Appleの最もパワフルなMacをオースティンで組み立てられるということは、アメリカの創意工夫する力が続いていることの証だ。ここで生産されることを誇りに思う。

     


     
    Appleは2023年までにアメリカ経済に3,500億ドル(約38重228億円)貢献するという、2018年に発表した目標達成への道を順調に進んでいると、公式Webサイト上に記しています。
     

     
     
    Source:Apple via AppleInsider
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次