トップページ > 最新情報 > 米国で最も使用されているモバイル決済サービスはApple Pay
2019年10月24日 18時47分

読了まで 148

米国で最も使用されているモバイル決済サービスはApple Pay

Apple Pay
 
これまで米国内で最も人気のモバイル決済サービスは、米スターバックスの公式アプリでしたが、Apple Payが追い抜き、トップの座を獲得したことがわかりました。

ついにスターバックスアプリを抜いたApple Pay

スターバックスの公式モバイルアプリは、商品の事前注文・決済ができ、店舗内で列に並ぶ必要がないため人気を博しています。
 
市場調査会社eMarketerの調査で、2018年に米国内で最も使用されたモバイル決済サービスは、スターバックス公式アプリであったことが判明しています。
 
しかしながら、今年のeMarketerの調査では、Apple Payが2019年度の予想ユーザー数3,030万人でスターバックスアプリを追い抜き、米国内で最も人気のモバイル決済サービスとなったことが明らかになりました。実に、モバイル決済利用者の47.3%がApple Payを使用している計算になります。
 
調査の対象となったのは、米国内の14歳以上で、過去6カ月以内に最低1回モバイル決済サービスを使用したスマホユーザーです。
 

 
なお、米国内で2番目に人気だったのはスターバックスアプリで、今年の年末までにユーザー数は2,520万人に達する見通しです。
 
3位と4位につけたのは、Google PayとSamsung Payで、2019年度の予想ユーザー数はそれぞれ1,210万人と1,080万人にのぼる見込みです。
 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる