台湾Quanta Computer、Apple Watchの組み立てを2020年に終了か


     
    Apple Watchの生産を担うQuanta Computerは、利益が十分に出ていないとして、2020年にもApple Watchの組み立てを終了する、と伝えられています。

    Apple Watch専用の組み立て施設は売却か

    台湾メディアDigiTimesが入手した情報によれば、中国・常熟市に生産拠点を構えるQuanta Computerが、2020年にもApple Watchの生産を終えるとのことです。
     
    DigiTimesの記事はまだ出ていませんが、有料会員向けコンテンツには次のように記されています。
     

    Quantaは2020年にApple Watchの組み立てを終了するかもしれない
    Quanta Computerは、思うように利益が上がっていないことから、来年にもApple Watchの組み立てを終了する見通しであることが明らかになりました。関係者からの情報によれば、中国・常熟市のApple Watch専用の組み立て施設は、売却される可能性があるとのことです。

     
    Quantaは、Apple Watch Series 1がリリースされた2015年からAppleの主要サプライヤーの役割を担ってきました。なお、同じく台湾のCompal Electronicsが、昨年のApple Watch Series 4から第2のサプライヤーになったと報じられています。
     
    中国の人件費は上昇傾向にあり、iPhoneの組み立てを行うFoxconnがiPhone XRの生産をインドで開始したばかりです。インドの労働コストは、中国の約3分の1で済むとされています。
     
     
    Source:MacRumors
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次