トップページ > 最新情報 > Safariブラウザ、iOS13で中国Tencentにデータを送信していることが判明
2019年10月15日 04時16分

読了まで 214

Safariブラウザ、iOS13で中国Tencentにデータを送信していることが判明


 
iOS13がインストールされたデバイスでSafariを使用すると、ブラウジングデータが中国企業Tencentに送られている可能性があることがわかりました。

iOS12.2ベータ2から説明書きが追加されたとの情報

iOS13の設定アプリで、「Safari」 > 「Safariとプライバシー」と選択すると、次の文章が記されているのを確認できます。
 

Webサイトを閲覧する前に、SafariはWebサイトのアドレスから算出された情報をGoogle Safe BrowsingおよびTencent Safe Browsingに送信し、そのWebサイトが不正かどうかを確かめます。

 
上記の文章がいつ追加されたのかは定かでありませんが、一説によれば、iOS12.2ベータ2からTecentに関する説明書きが加えられたとのことです。
 

ユーザーのプロファイリングに使用される可能性

ジョンズ・ホプキンズ大学の暗号研究者マシュー・グリーン教授は、情報がTencentに送信されるのは問題であると述べています。訪問しようとしているWebページとIPアドレスがわかってしまい、ユーザーのプロファイリングに使用される可能性があるためです。
 
iOSの地域設定が中国になっている場合にのみTencentにデータが送られるという情報もありますが、説明書きは中国以外の地域に設定されていても表示されるため、真偽は定かではありません。
 
グリーン氏は、Appleの今回の動きについて、Appleには2つの側面があると強く感じる、と批判的なコメントを寄せています。Appleは、ユーザーの自由を重要視する一方、香港のデモアプリをApp Storeから取り下げたように、中国当局に忖度(そんたく)する態度を見せているためです。
 
最近Appleは、香港デモについて詳しく報じていた米メディアQuartzのアプリを中国App Storeから削除したばかりです。
 
 
Source:Reclaim The Net via 9to5Mac
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる