トップページ > iPad Pro > iPad13.2ベータ2、2018年iPad Proが文鎮化する問題が発生
2019年10月13日 01時51分

読了まで 149

iPad13.2ベータ2、2018年iPad Proが文鎮化する問題が発生

iPadOS hato
 
iPadOS13.2のベータ2を2018年モデルのiPad Proにインストールしようとすると、iPad Proが動作しなくなる問題が発生しています。AppleはiPad Pro向けのアップデート配信を停止しています。

すでにiPad Proからのインストールは不可能に

iPad13.2ベータ2を2018年のiPad Proにインストールしようとすると、アップデートが途中で失敗し、DFUモードを使っても動作しなくなってしまった、といった書き込みが、米メディアMacRumorsの読者フォーラムに相次いでおり、話題となっています。
 
Appleは、すでにiPad Pro向けのiPad13.2ベータ2の配信を停止しており、アップデートを試みてもエラーメッセージが表示されるようになっています。
 
MacRumorsは、AppleはすでにiPad Proで正常に動作するバージョンのリリースを準備しているようだ、と指摘しています。

パブリックベータのインストールは慎重に

iOS13.2/iPadOS 13.2は、開発者向けベータ2に加えて登録ユーザー向けのパブリックベータもリリースされています。
 
Appleにユーザー情報を登録すれば、無料で未公開OSを試すことができるパブリックベータは魅力的ですが、開発中の未完成版のため、不具合が残されており、データ消失などのリスクを伴います。
 
パブリックベータは、メインで使用するデバイスにはインストールしないことを強くお勧めします。
 
 
Source:MacRumors
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる