トップページ > 最新情報 > Appleサプライヤー「クライアントがミニLED搭載のパソコン、スマホなどを開発中」
2019年10月4日 17時53分

読了まで 158

Appleサプライヤー「クライアントがミニLED搭載のパソコン、スマホなどを開発中」


 
台湾のAppleサプライヤーEpistarの社長のチン-ユン・ファン氏は、クライアントが新ディスプレイ技術であるミニLEDを使ったノートパソコン、タブレット、スマホ、モニターを開発していることを明らかにしました。

そのクライアントとはAppleか?

Apple関連製品の正確な予測で知られるアナリストのミンチー・クオ氏は9月末、Appleが2020年後半〜2021年半ばにかけてミニLEDディスプレイを搭載した次世代ハイエンドiPadおよびMacBookを発売するとの予測を発表しました。
 
今回、AppleにLEDを供給するEpistarは、クライアントがミニLEDディスプレイ搭載のノートパソコン、タブレット、スマホ、モニターの開発を行っていると述べました。このクライアントがAppleである確証はありませんが、クオ氏の情報と照らし合わせると、Appleである可能性が十分にあると考えられます。
 
ミニLED搭載iPadとMacBookは、どちらもハイエンドモデルになる見通しです。iPadは10インチ〜12インチ、MacBookは15インチ〜17インチのディスプレイを搭載する見込みです。

Pro Display XDRと比べてもはるかにきめ細かいディスプレイ

iPadとMacBookに搭載されるミニLEDディスプレイには、おおよそ10,000個のLEDが埋め込まれるとのことで、576個のLEDを搭載している今秋発売見込みのPro Display XDRと比べても、はるかにきめ細かいディスプレイであることが伺えます。
 
ミニLEDディスプレイは、より幅広い色域性能と高いコントラストが期待されており、ハイダイナミックレンジ合成(HDR)にも対応する見込みで、LEDの発光量を個別にコントロールすることでコントラストを高めるローカルディミングも実装される予定です。
 
 
Source:MacRumors
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる