トップページ > 最新情報 > Appleの自動運転車両はロボットが自動で充電?
2019年9月19日 05時14分

読了まで 153

Appleの自動運転車両はロボットが自動で充電?

Apple Car
 
Appleが開発中とされる自動運転車両が、ロボットによる充電機能を備える可能性を示す特許をAppleが申請していることが判明しています。特許書類には車両下部にロボットが自走して潜り込み、充電口を探し出して自動で充電を始める機構が示されています。

障害物を回避

Appleは「Project Titan」として自動運転車両の開発を進めているとされ、開発プロジェクトのために専用の施設を建設し、多くの研究者を雇用していると報じられています。また自動運転に関する特許も多数申請しており、今回申請が判明した特許もその一部です。
 
充電ロボ
 
Appleが申請した自動運転車両への充電に関する特許は、車両をガレージに駐車中にロボットが自動で充電するシステムに関するものです。ロボットは充電口を検出センサーで探し、そこまで障害物を避けながら充電コードを繋ぐためにモーターで自走して行きます。これら自律走行のためにロボットには光センサー、カメラ、電波・磁気センサーなどが搭載されます。

将来的な可能性

Appleによる自動運転車両の開発は中断(もしくは縮小)したとの報道もありますが、現時点でこのプロジェクトは継続しているようです。とはいえ自動運転車両の開発計画は1、2年後の製品化を念頭に置いたものではなく、すぐに発表されるようなものではないと考えられています。
 
自動運転 車 コネクテッド・カー グーグル ベンツ
 
そのため今回Appleが申請した特許に記されているアイディアもこのまま製品化される可能性はそれほど高くなさそうです。しかしAppleは自動運転に関連する特許を他にも多数申請しており、中期的な将来、これら特許の技術を応用した自動運転車両が登場することに期待が集まっています。
 
 
Source:AppleInsider
(KAZ)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる