トップページ > 最新情報 > KDDI、千葉県沖から船舶型基地局で台風15号被災地に携帯電話サービスを提供開始
2019年9月16日 02時23分

読了まで 144

KDDI、千葉県沖から船舶型基地局で台風15号被災地に携帯電話サービスを提供開始

KDDI 船舶型基地局
 
KDDIは、台風15号によって被害を受けた地域の通信をカバーするため、千葉県館山市沿岸部に船舶型基地局を停船させ、auの基地局として携帯電話サービスの提供を開始しました。

千葉県館山市沖から携帯電話サービス提供

KDDIは、同社グループの保有する海底ケーブル保守船「KDDI オーシャンリンク」を千葉県館山市沿岸部に停船させ、海上から船舶型基地局として携帯電話サービスの提供を開始しました。
 
陸上の基地局が十分に機能していない地域でも、auの携帯電話サービスが利用可能となります。
 
KDDI 船舶型基地局
 

昨年の北海道胆振東部地震に続き2回目の出動

「KDDI オーシャンリンク」が船舶型基地局として活用されるのは、2018年9月に北海道胆振東部地震の後、日本初の運用を行ったのに続いて2回目です。
 
KDDIは、2011年の東日本大震災で、道路の寸断や光ケーブルの切断により、陸路での基地局復旧が困難だった経験から、海からのエリア復旧が可能な船舶型基地局を開発し、実証実験や訓練を実施していたそうです。

携帯各社が支援措置

KDDI、NTTドコモ、ソフトバンクの携帯電話キャリア各社は、台風15号によって災害救助法が適用された地域のユーザーを対象として、支払期限の延長、電話機の故障や紛失による費用の減免や無償化などの支援措置を提供しています

 
 
Source:KDDI (1), (2)
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる