トップページ > 最新情報 > 国内大手キャリア3社、台風第15号に伴う支援措置を実施
2019年9月13日 10時49分

読了まで 223

国内大手キャリア3社、台風第15号に伴う支援措置を実施

3大キャリア ドコモ ソフトバンク au
 
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは、台風15号で被災したユーザーを対象に、利用料金の支払期限延長などの支援措置を実施すると発表しました。

ドコモの支援措置内容

NTTドコモは9月12日から10月31日まで、以下の支援措置を実施します。
 

  • 付属品の無償提供

  • 携帯電話機購入時における特別割引の実施

  • 故障修理代金の一部減額等

  • ケータイデータ復旧サービスの無料化

  • 一部手数料の無料化
  • 
受付手続きの緩和
  • 
「ドコモ光」の基本料金等を無料化
  • 「ドコモ光」等に関する一部機器の無償提供

  • 料金支払い期限の延長
  •  
    適用条件は、対象地域に契約者住所、請求書送付先住所、ドコモ光設置場所住所のいずれかがあり、今回の災害で携帯電話等を破損、故障、紛失、もしくはドコモ光が利用できない期間のあったユーザーです。
     
    「料金支払い期限の延長」については、対象地域において請求書送付先住所があるユーザーが対象です。
     
    個人、法人のいずれも適用可能です。
     
    対象地域や支援措置の詳細は、NTTドコモ公式HPより確認できます。

    KDDIの支援措置内容

    KDDIは、台風15号によって災害救助法が適用された地域に住むユーザーを対象に、以下の支援措置を実施します。
     

  • 月額基本料、付加サービス利用料の減額など
  • 支払い期限の延長 
  • 一部手数料の減免
  • 受付手続きの緩和
  • au one net (auひかり) 移転時の工事費等の割引・還元
  • au one net (auひかり)のレンタル機器の無償交換
  • 携帯電話修理費用の軽減
  • 携帯電話購入時の特別割引実施
  • 付属品の無償提供
  • PC・スマホなどのデータ復旧サービスの支援措置
  • KDDIが提供するでんきサービスの電気料金を減額
  • 携帯電話の貸し出し
  •  
    災害救助法の適用地域は内閣府防災情報のページから、支援措置の詳細はKDDI公式HPより確認できます。

    ソフトバンクの支援措置内容

    ソフトバンクは台風15号で被災した地域に住むユーザーを対象に、以下の支援措置を実施します。
     

  • 利用料金の支払期限延長
  • “ソフトバンク”のインターネット接続サービス、固定電話サービスの月額基本料金などの減免
  • 移転工事費の取り扱い
  • 電話機、接続機器などの破損、紛失に関する交換費用・修理費用の減免および無償化
  • 「ソフトバンクでんき」の利用料金の支払期限延長、不使用月の電気料金免除、基本料金の免除
  • 充電サービスや「ソフトバンクWi-Fi スポット」の無料開放などの支援措置
  • 衛星携帯電話、タブレットの貸し出し
  •  
    対象地域や支援措置の詳細は、ソフトバンク公式HPより確認できます。
     
     
    Source:NTTドコモ,KDDI,ソフトバンク
    (kotobaya)

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる