トップページ > 最新情報 > 【取材】Apple丸の内が報道関係者に公開〜Apple福岡と表参道に関する情報も
2019年9月5日 14時48分

読了まで 257

【取材】Apple丸の内が報道関係者に公開〜Apple福岡と表参道に関する情報も

Apple丸の内
 
Appleは9月7日(土)午前10時、東京駅そばの三菱ビル内に、国内最大規模となる新Apple Store「Apple 丸の内」をオープンします。本日5日、開店に先駆けて、報道関係者を対象とした内覧会が行われました。

高さ2階分のショーウィンドウ

Apple 丸の内は東京駅からほど近い、三菱ビル内に位置します。高さ2階分あるという、見上げるばかりのヴィトリン式(品物を保管し展示するガラス張りの陳列容器を意味する)のショーウィンドウ、その2階部分にあるAppleのロゴが目を引きます。
 
Apple丸の内
 
このショーウィンドウには、コーナー部分に3次元の丸みを持たせるため、日本の菊川工業が特別に加工した国内産のアルミが用いられています。このようなデザインのウィンドウがApple Storeで採用されるのは丸の内店が初めてとのことです。
 
ウィンドウの内側には、開口部に沿うように日本産の竹が植えられているのも特徴的です。

Apple福岡天神・表参道も月内再オープン

Apple丸の内
 

ガラスのドアを入ると、正面中央にAppleの無料セッション「Today at Apple」が行われる、吹き抜けのアトリウムがあります。報道関係者向け内覧会もこのアトリウムにおいて、Apple小売部門シニア・ディレクターのデニー・トゥーザ氏による説明でスタートしました。
 
Apple丸の内
 
Apple丸の内
 
Apple 丸の内は国内9店舗目の開店であり(Apple 仙台一番町閉店のため)、昨年4月以来、Apple 新宿、Apple 京都に続き、日本で新たにオープンする3番目の直営店となります。
 
またトゥーザ氏は、Apple 福岡天神が今月後半により大きな店舗へと移転して新装開店すること、Apple 表参道の改装工事が今月中に終了することも明らかにしました。そして場所は明らかにしなかったものの、すでに発表している通り、年内にもう1店舗オープンすると述べました。

SHUN SUDO氏が登場

トゥーザ氏による説明のあとは、Apple 丸の内で開催されるToday at Appleセッションの体験会が催されました。9月はオープン記念として、12人の講師による12回シリーズの特別セッション“The Tokyo Creative Guild”が行われますが、そのうちのひとつ「アートラボ:SHUN SUDOと一緒にポップアートで自分を表現しよう」で講師を務めるSHUN SUDO氏が登場、Procreateアプリで簡単に色付などを楽しむ方法を指導しました。
 
Apple丸の内
 
Apple丸の内
 
Apple丸の内
 
そのほか、ビデオと音楽、また現在注目度の高い拡張現実が体験できる[AR]Tラボの体験会も行われました。
 
Apple丸の内
 
Apple丸の内

開店初日は先着者にトートバッグを配布

Apple 丸の内には開店初日、130人以上のスタッフが来店者を出迎えてくれます。半数以上が他の店舗の経験者であり、うち4人は勤続年数15年以上というベテランとのことです。また全スタッフ合わせると15カ国語での対応が可能です。
 
2階にはAppleユーザーにはお馴染みのジーニアスバーがあり、さまざまなサポートを提供するほか、Apple 丸の内には専門のビジネスチームが待機し、アプリ開発者や起業家を支援するとのことです。
 
9月7日午前10時に開店するApple 丸の内では、先着者に同店のロゴ入りトートバッグが無料配布されます。また店内でApple Storeのアプリを開くと、ゲームを楽しむことができます。
 
以下、店内の様子を写真でご紹介します。
 
Apple丸の内
 
Apple丸の内
 
Apple丸の内
 
Apple丸の内
 
Apple丸の内
 
Apple丸の内
 
Apple丸の内
 
Apple丸の内
 
Apple丸の内
 
Apple丸の内
 
Apple丸の内

 
 
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる