2019年8月21日 07時31分

読了まで 158

Apple Card、米国ですべてのユーザーが利用可能に


 
CardはAppleが開発したクレジットカードですが、米国内のすべてのユーザーが利用可能になった、とAppleが発表しました。

数ステップで手続き完了

Apple Cardの申請を行うには、Walletアプリで「+」をタップし、「カードの種類」の画面でを選択します。
 
その後、氏名、生年月日、メールアドレス、電話番号、住所、所得、社会保障番号などの個人情報を入力し、「Accept Apple Card(Apple Cardを承認する)」をタップします。
 
Apple Payに対応していない店舗やレストランでApple Cardを利用したい場合は、チタン製カードを使用します。物理カードの申し込みもわずか数ステップで完了します。
 

Apple Cardの利用で貯まる「Daily Cash」

Apple Card(Apple Pay上)を使用すると、報酬プログラム「Daily Cash」により利用額の2%が還元されます。Apple Store、apple.com、App Store、iTunes Store、Appleが提供するサービスなどのApple関連ストアでの支払いに対しては、利用額の3%が「Daily Cash」として付与されます。
 

 
Appleは今回、利用額の3%が「Daily Cash」として付与されるサービスに、UberとUber Eatsが追加されたことを発表しました。全世界700以上の都市で利用可能なUber、全世界500以上の都市でオーダー可能なUber Eatsで、Apple Card(Apple Pay上)での支払い時、利用額の3%が還元されます。
 
なお、チタン製カードで支払いを行った場合は、利用額の1%が「Daily Cash」として還元されます。
 
 
Source:Apple
(lexi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる