トップページ > 最新情報 > IKEA、スマートホーム部門に多額の投資
2019年8月20日 05時48分

読了まで 25

IKEA、スマートホーム部門に多額の投資

HomeKit
 
IKEAは家具以外にも世界各国でスマートホームに対応した照明やコンセント、ブラインド、スピーカーなどを販売しています(日本では照明のみ購入可能)。このラインナップをさらに増やすべく、IKEAはスマートホーム部門への投資を加速させると発表しています。

HomeKitにも対応

IKEAは自社で製造するスマートホーム家電をAppleの提唱するスマートホームプラットフォームであるHomeKitに対応させてきました。現在日本で販売されているスマート照明もHomeKitに対応しており、ホームアプリやSiriからの操作、他のHomeKit対応製品との連携が可能になっています。
 
homekit
 
またIKEAの製品は他社が販売するHomeKit対応製品に比べて安く、対応製品の普及を促進しています。海外では照明に始まり、HomeKit対応のスマートプラグやブラインドが順次発売されており、今回の投資拡大の発表を受けてさらに商品ラインナップが充実していくことは確実です。
 
海外に比べて対応製品の発売は遅れるかもしれませんが、日本のユーザーもIKEAのスマートホーム部門への投資拡大のメリットを受けることはできそうです。

AirPlay 2対応スピーカーも

IKEAはHomeKit対応家電だけでなく、AirPlay 2に対応したスピーカーの販売を海外で開始しています。AirPlay 2に対応したことでSiriでの操作も可能になり、さらにiOS13からはショートカットやホームアプリのオートメーションにスピーカーの挙動を組み込むことも可能になります。今後拡充するであろうIKEAのHomeKit対応製品との連携を含め、IKEAがホームオートメーション周辺の利便性を開拓していく存在になっていくのではないでしょうか。
 
IKEA
 
ちなみにIKEAのAirPlay 2対応スピーカーはSONOSとの共同開発製品であり、アメリカでは99ドル(約1万600円)〜で販売され音質もまずまずと評価されています。このスピーカーは日本でも技適を取得しており、そう遠くない将来、国内での販売も始まると予想されています。
 
 
Source:IKEA
(KAZ)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる