Apple Newsでヨーロッパの出版社が収益増を記録


     
    Apple Newsヨーロッパの出版社の収益が増加し始めている、と英メディアDigidayが伝えています。

    収益が145%増となった出版社も

    Apple News+はAppleが今年3月のスペシャルイベントで発表した雑誌、新聞記事の定額読み放題サービスですが、Apple Newsは無料のニュースサービスです。
     
    これまでApple Newsのマーケティングはあまり行われてきておらず、ソーシャルメディアプラットフォーム上での存在感も限られたものとなっていましたが、Appleは4月にApple NewsとApple News+のマーケティング強化のため22名の人材の募集をかけていました。
     
    Appleの新たなマーケティング戦略が功を奏したのか、Apple Newsでヨーロッパの出版社の収益が増加し始めていることが今回明らかになりました。
     
    英雑誌Stylistは、4月〜6月の収益が100%増となりました。今年いっぱいは毎月12,000ドル(約127万円)の収益が続くとされています。
     
    別の出版社は、Apple Newsから良いトラフィックが来ているとしていますが、そこから得られる収益はそれほど高いものではないようです。
     
    また、匿名の他の出版社は、6月〜7月に収益が145%増となったと報告しています。その他の出版社は、具体的な収益の数字を明らかにしていませんが、7月に週あたり100万ページビューがあったと述べています。
     
    Digidayによれば、広告主が収益を伸ばした理由のひとつに、Cookieを利用しない広告環境や、コンテンツ連動型広告の可能性の模索が挙げられるとのことです。
     
     
    Source:Digiday via AppleInsider
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次