2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple、ソーラーパネル設備活用で全米最大の企業に

    Apple Park 2018年4月下旬

    Apple Park 2018年6月 Matthew Roberts
     
    環境保護の取り組みに熱心なAppleですが、ソーラーパネル(太陽光発電)採用企業として全米最大であることが分かりました。トップ10にはAppleのほか、WalmartやGoogle、Amazonなどの企業が並びます。

    11万世帯以上を賄える電力

    NPO団体Solar Energy Industries Association(SEIA)が発表した資料によると、Appleのソーラーパネルは計393.3MW(メガワット)の発電出力を有しています。
     
    一般的に1MWの太陽光発電所はサッカー場2面分の敷地面積に相当し、一般家庭約300世帯の電力を賄えるとされています。したがって、Appleが有するソーラーパネルは、およそサッカー場787面分の規模、発電出力で11万1,800世帯分に相当する計算です。
     
    中でも社屋のApple Parkは、17MW出力の屋上ソーラーパネルや4MW出力のバイオガス燃料などの再生可能エネルギーで100%運用されています。
     
    なお今回のランキングで、2位以下はAmazon(IT)、Target(小売)、Walmart(小売)、Switch(IT)、Google(IT)と続きます。
     
    SEIA ソーラーパネル 太陽光発電 ランキング apple

    環境保護で先陣を切る企業に

    スティーブ・ジョブズ氏が経営していた時代の2007年には、環境保護団体グリーンピースによって「環境問題対策で遅れを取る大手企業」の筆頭格として名指しされたこともあるAppleですが、ティム・クック最高経営責任者(CEO)へと代替わりしてからは、環境保護に力を入れて取り組んでいます。
     
    太陽光発電の活用以外にも、回収したiPhoneの素材再利用、環境保全と資材調達を兼ねた森林の購入(iPhoneなどの外箱に使われている紙資源は99%がAppleの保有する森林やリサイクルによって調達されています)など、Appleの取り組みは枚挙に暇がありません。
     
     
    Source:SEIA via CNBC,myclimate Japan
    Photo:YouTube-Matthew Roberts
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次