トップページ > 最新情報 > Apple、「特許侵害知りながらSiriリリース」として訴えられる
2019年7月25日 16時05分

読了まで 222

Apple、「特許侵害知りながらSiriリリース」として訴えられる

siri
 
音声を用いてデータを閲覧する特許を、Appleが提供するAIアシスタントのSiriが侵害しているとして、 Parus HoldingsがAppleに対して訴訟を起こしました。ParusはGoogleやSamsung、LGも同様に訴えています。

特許の内容はSiriに類似

Parusは米テキサス州の地方裁判所に対し、同社が2006年と2016年に取得した特許「堅固な音声ブラウザシステム及び音声起動デバイスコントローラ」が侵害されているとして、Appleへの訴えを起こしました。Parusは、2015年に登場したiPhone6s以降の全モデルとiPad ProやMacの一部モデル、全“Apple iWatch”、CarPlayなどを対象にしています。
 
問題となっている特許では「ネットワーク上で複数のソースから情報を取得するためのシステム」として、音声を通してブラウジングする仕組みが述べられており、デバイスに向かってユーザーが質問することで目的の情報を引き出すAIアシスタントのSiriとの関連性がうかがえます。また今回の訴訟では、AppleがParusの特許を知っていながらも、存在を無視して特許侵害を行ったことも指摘されています。
 
なお、GoogleやSamsung、LGなど音声ベースのAIアシスタントを開発するApple以外の企業に対しても、Parusは同様の訴訟を展開しています。

実態はあるのか、ないのか

Parusの公式Webサイト上には「ParusSpeak」「ParusOne」といったサービスが紹介されていますが、特許を有していながらも実際には製品をリリースしていない「特許不実施主体(NPE:Non-Practicing Entity)」と考えられています。
 
実際、サイト画像の大半はネットで公開されている写真素材、公式Twitterも1月にツイートが1回あったのみ、所在地も複数企業が居を構えるオフィスと、一連の訴訟のために見かけだけ装ったようにも見えます。
 
parus
 
その一方で、企業自体は1997年から存在し、ビジネス向けSNSのLinkdInでも従業員の存在が複数確認できるなど、特許使用料や賠償金獲得を目的に急ごしらえで作られたダミー企業というわけではなく、一概に「パテント・トロール」とも言えないようです。
 
Parusの件に限らず、これまでにもSiriはAppleが提供するサービスの中でもとりわけ多くの訴訟に晒されており、最近でもSpeakWareやCustomPlayといった企業が立て続けに特許侵害を訴えています。また過去には、中国企業米大学からも訴訟を受けています。
 
 
Source:AppleInsider,Parus
(kihachi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる