2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    2020年発売のiPhoneは120Hzリフレッシュレートを採用か

    120Hzのディスプレイ

    Apple iPhone iPhone XS iPhone XS Max iPhone iPhone XR
     
    Appleは2020年に発表されるiPhoneで60Hz/120Hzの切り替え可能なリフレッシュレートディスプレイを検討しており、SamsungやLGと協議している」とSamsung関連の未発表情報に詳しい@UniverseIceがTwitterでつぶやいています。

    iPad Pro並のディスプレイ

    120Hzのリフレッシュレートのディスプレイは既にiPad Proに搭載されています。iPad Proのディスプレイと60HzのiPhoneのディスプレイを比べるとその動きの滑らかさの違いは一目瞭然です。一度120Hzのディスプレイの滑らかさに慣れてしまうと、60Hzのディスプレイの動きがぎこちなく感じてしまうほどの違いと言っても過言ではないでしょう。
     


     
    ただiPhoneは液晶ディスプレイのiPad Proとは違い、上位モデルで有機ELディスプレイを採用しています。そのため有機ELディスプレイで120Hzのリフレッシュレート採用はAppleにとって初めての挑戦になります。
     
    ちなみに2020年のiPhoneは現在、設計段階もしくは試作段階だと考えられます。そのため今回の情報がすぐに2020年発表のiPhoneへのリフレッシュレート120Hzのディスプレイ搭載に繋がるわけではなさそうです。ただリフレッシュレートが高くなることで、iPhoneのディスプレイの表現力は高くなります。美しいディスプレイもiPhoneの魅力の一つだけに、来年発表のiPhoneへの120Hzディスプレイ搭載には期待したいです。
     
     
    Source:AppleInsider
    (KAZ)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次