iPhone XS Maxはスマートフォン史上最高のディスプレイを搭載

    display

    display
     
    スマートフォンなどのディスプレイについて詳細な分析と厳密なテストを元にその評価を実施するDisplayMateiPhone XS Maxのディスプレイについて「DisplayMate史上最高のスマートフォンディスプレイ」との評価を下しています。

    ディスプレイは常に進化

    iPhone Xで採用された有機ELディスプレイも色の精度やコントラスト比で高い評価を受けていたのですが、そのディスプレイがさらに進化してiPhone XS/XS Maxに搭載されました。Appleもディスプレイの進化について「iPhone XSのOLEDパネルは、業界最高の色精度、真の黒、顕著な輝度とコントラストを備えたHDRディスプレイを可能にします。それらは、Appleデバイス上で最も高いピクセル密度を持つ、最もシャープなディスプレイです」と記載しており、ディスプレイの美しさがiPhone XS/XS Maxの特徴の一つにもなっています。
     
    display
     
    DisplayMateが特に高く評価したのが、以下の点です。
     

    • 最も高い絶対色精度(0.8JNCD) 視覚的に実物と区別できない
    • 画像内容APL(0.4JNCD)による色精度の最小シフト
    • OLEDスマートフォン(100%APLで660ニット)の最高フルスクリーン輝度
    • 環境照明におけるスクリーンコントラスト比が最も高い(100%APLで140)
    • 最も高いコントラスト比(無限)
    • 最低画面反射率(4.7%)
    • 視野角を変えても輝度の変化が最小(30度で25%)
    • 最も高い可視領域の解像度 2.7K(2688×1242)

     
    iPhone XS Maxのディスプレイはこれら項目以外にも多くの点で高い評価を得ており、それらを総合して「DisplayMate史上最高のスマートフォンディスプレイ」との評価を獲得しました。
     
     
    Source:9to5Mac
    (KAZ)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次