Apple、今秋登場の新しい絵文字を紹介

    Apple_Emoji-Day_Gender-Holding-Hands_071619_inline.jpg.medium

    Apple_Emoji-Day_Gender-Holding-Hands_071619_inline.jpg.medium
     
    7月17日の「国際絵文字デー」を祝して、Appleが今秋より利用可能となる新しい絵文字を紹介しています。

    今年の新絵文字は多様性を重視

    2019年に新たに追加される59種類の絵文字については、文字コードの業界規格を推進するUnicodeコンソーシアムが、今年2月に最終リストを発表しています。
     

    今年の新絵文字では多様性が重視されており、カップルを意味する「手を取り合う人々」の絵文字では、さまざまな人種の異性・同性同士が手をつないでいる絵文字(組み合わせは75種類以上)が追加されます。
     
    またAppleは昨年、Unicodeコンソーシアムに対し、さまざまな障害を持つ人々の絵文字を追加することを提案、その結果今年は介助犬、補聴器をつけた耳、車椅子に乗る人、義手、義足などの絵文字が加えられることになりました。
     
    Apple_Emoji-Day_Disability-Leg-Hearing_071619_carousel.jpg.medium

    なまけものやワッフルの絵文字も

    そのほか、あくびをする顔、ワンピースの水着、ワッフル・ファラフェル・バター・にんにくといった食べ物、なまけもの・フラミンゴ・オラウータン・スカンクなどの動物の絵文字が使用可能となります。
     
    Apple_Emoji-Day_Yawning-Face-Clothes_071619_carousel.jpg.medium
     
    Apple_Emoji-Day_Food_071619_carousel.jpg.medium
     
    Apple_Emoji-Day_Animals_071619_carousel.jpg.medium 
     
    Source:Apple
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次