トップページ > 最新情報 > 230個の絵文字が2019年iOSにやってくる!Emoji 12.0が発表
2019年2月6日 18時04分

読了まで 225

230個の絵文字が2019年iOSにやってくる!Emoji 12.0が発表


 
今年、59種類の新しい絵文字がiOSデバイスで利用可能となることがわかりました。性別の違いを含めると75、肌の色の違いを含めると全部で230の絵文字が加わることになります。

さらに多様性に重きが置かれたEmoji 12.0

文字コードの業界規格Unicodeは、現地時間の2月5日付けでUnicode Emoji 12.0の最終リストを発表しました。
 
2019年に新しく追加される絵文字には、フラミンゴ、カワウソ、ワッフル、ナマケモノ、白いハート、手を取り合う人々、氷のキューブ、シュノーケル、オランウータン、ジュースの箱、ファラフェルなどが含まれます。
 
今年加わる新絵文字をすべてリストアップすると以下のとおりとなります:
 

Emojipedia


 
今年の絵文字ではさらに多様性に重きが置かれており、車いすの人、盲導犬、介助犬、難聴の人、異なる人種同士のカップルなど、幅広くカバーされています。
 

様々な性別、肌のトーンの組み合わせのカップルの絵文字が利用可能に/Emojipedia

図形の色のバリエーションも今年完成

これまでハート、丸、四角は、それぞれ一部の色でのみ利用可能となっていましたが、2019年の絵文字ラインナップでは赤、オレンジ、黄色、黄緑、青、紫、白、黒、茶色の9色すべてのカラーでハート、丸、四角の3つの図形が使用できるようになりました。
 

2019年になって9色すべてのカラーで3種類の図形が利用可能に/Emojipedia

利用できるのは早くても4月になってから

Unicodeコンソーシアムは、今年3月5日にUnicode 12.0を発表する予定となっており、2019年の新しい絵文字は2019年4月〜12月の間にソフトウェアアップデートで利用できるようになるとみられています。
 

新しい絵文字の追加までのタイムライン。2月にEmoji 12.0の最終リストが発表、3月にUnocode 12.0が発表、4月〜12月にかけて実装。/Emojipedia


 
 
Source:Unicode, Emojipedia via MacRumors
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる