人気通信速度測定アプリ「Speedtest」に猫が出現するイースターエッグ

    Ookla Speedtest イースターエッグ

    Ookla Speedtest イースターエッグ
     
    人気の通信速度測定アプリOoklaの「Speedtest」に、ちょっとした操作で出現するイースターエッグが隠されていることが分かりました。

    スタートボタンを長押しすると出現

    Ooklaの「Speedtest」は、シンプルな使い勝手で人気の通信速度計測アプリで、各メディアによる通信速度調査にも活用されています。Ooklaは、世界各国のモバイル通信速度を比較したレポートも公開しています。
     
    「Speedtest」の計測画面にある「スタート」のボタンをしばらく押し続けると、触覚フィードバック対応iPhoneなら、心臓の鼓動のような動きが感じられます。
     
    Ookla Speedtest イースターエッグ
     
    動きがだんだん早くなり、「スタート」ボタンの表示が変わっていきます。
     
    Ookla Speedtest イースターエッグ
     
    そして、音楽とともに猫の顔が大きく表示されます。
     
    Ookla Speedtest イースターエッグ
     
    この時、iPhoneをサイレントモードで使っていても、結構大きな音が出ます(イヤホンを接続している場合は、イヤホンから)。ご注意ください。
     
    計測画面の「スタート」ボタンは猫の肉球になり、アイコンにも猫の顔が使われています。
     
    Ookla Speedtest イースターエッグ
     
    計測後は、「Ookla」のテーマがアンロックされ、いつでも使えるようになります。新しいテーマは設定メニューから設定でき、音声なしバージョンも選べます。
     
    Ookla Speedtest イースターエッグ
     

     

    猫の名前がそのまま社名に

    この猫の名前が、そのままOoklaという社名になったそうです。なお、猫は2013年に亡くなっています。
     
    2010年頃の「Speedtest」アプリでは、計測結果の画面をスワイプすると写真付きでエピソードが表示されるイースターエッグが発見されて話題となりました。
     
    以下の動画で、2010年当時のイースターエッグを確認することができます。
     

     
     
    Source:9to5Mac
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次