Apple、上海に中国初のアプリ設計・開発センターをオープン

    Apple_China-Design-Development-Accelerator_One-On-One-Consultation_070819_big.jpg.medium

    Apple_China-Design-Development-Accelerator_One-On-One-Consultation_070819_big.jpg.medium
     
    Appleは現地時間7月9日、上海において、アプリ設計・開発センター「Design Development Accelerator」の開所式を行いました。インド・ベンガルール、イタリア・ナポリに次ぐ第3のアプリ開発施設となります。

    初日はARセミナーでスタート

    Appleはこれらの施設において、アプリ開発のプロセスや必要なスキルを学べる講座を無料で提供し、人材の育成に努めています。
     
    Appleのプレスリリースによれば、上海の開発センターではオープニングの日、拡張現実(AR)に焦点を当てたセミナーが開かれました。セミナーでは、世界開発者会議(WWDC 2019)で発表されたばかりのARKit 3を含む、様々なAR関連技術の指導が行われた模様です。
     
    上海の浦東新区に位置する新アプリ開発施設は、iOS、iPadOS、watchOS、macOS、tvOSと、さまざまなOS向けアプリを開発する人々のコミュニケーションセンターとしても機能し、ゲストスピーカーを招いての講演会、外部講師を招いての特別指導、イベントなど、各種催しものも行われるとのことです。
     
    Apple_China-Design-Development-Accelerator_Hub-Developers_070819_inline.jpg.medium

    中国App Storeでアプリ開発者は3兆円以上を獲得

    Appleによれば、中華圏では250万人以上のAppleプラットフォーム開発者が活動しています。また2010年の中国App Store誕生以来、アプリ開発者は2,000億元(約3兆1,580億円)以上の収益を得ています。
     
    Appleはインド・ベンガルールとイタリア・ナポリでも同様のアプリ開発施設を運営していますが、イタリアの施設はナポリ大学との提携による、より教育に主眼を置いたものとなっています。

     
     
    Source:Apple via 9to5Mac
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次