AppleがSpotifyに反撃〜手数料が取られているのは有料会員のわずか0.5%

    Spotify

    Spotify
     
    Spotifyが不当と主張しているAppleの15%のレベニューシェア(売上に対するAppleの取り分)ですが、「実際に手数料が取られているのは有料会員の0.5%ほどに過ぎない」とAppleが反撃に出たことがわかりました。

    3カ月のときを経てAppleが反論

    SpotifyAppleを独占禁止法違反で欧州委員会に提訴したのは3月のことです。Spotifyの言い分は、Appleが30%の手数料を不当に徴収しているというものでしたが、Appleがすぐさま反論し、ユーザーが年間購読して1年経つと手数料は15%に半減すると述べました。
     
    その後、約3カ月間にわたってAppleからSpotifyへの返答は何もありませんでしたが、Appleがついに反撃に出た、と米メディアCNETが報じています。

    30%の手数料が取られているユーザーはもう存在しない

    Appleによれば、現在Spotifyは30%の手数料をいっさい支払っておらず、15%の手数料が取られている有料会員の数も68万人(有料会員の約0.5%)に過ぎない、とコメントしています。この数字を見る限り、Spotifyが主張しているような競争の妨げにはなっていない、というのがAppleの言い分のようです。
     
    Spotifyは、2016年にすでにAppleのアプリ内課金を排除しており、それ以降はiPhoneやiPadアプリを介しての新規会員を獲得していません。アプリ内課金がまだ存在していたころに有料会員となったユーザーの料金から徴収される手数料も、すでに最低1年が経過しているため、30%ではなく、現在は15%のはずです。
     
    ともかく、SpotifyがAppleの手数料を避けることによって、売上を大きく伸ばしたのは事実のようです。
     
     
    Source:CNET
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次