watchOS 6以降はApple Watchから直接アップデート可能に

    apple_watch_software_update

    apple_watch_software_update
     
    watchOS 6以降はiPhoneを使わなくても、Apple Watchから直接OSのアップデートが可能になるようです。

    Apple Watchで直接OSのアップデートが可能に

    米メディアMacRumorsによると、watchOS 6の最初のベータ版ですでに、設定→一般の次に、ソフトウェアアップデートの項目が追加されています。watchOS 6以降はiPhone同様、Apple Watchで直接、OSがアップデート可能になるようです。
     
    watchOS 6は先日ベータ2が開発者向けに公開されました。しかしベータ2でもまだ、iPhoneで使用条件を了承しないと、ダウンロードすることができません。正式版ではすべてApple Watch上で行えるようになることを期待する、とMacRumorsは記しています。
     

    iPhoneに依存しないデバイスへ

    現時点では、Apple WatchのwatchOSのアップデートは、iPhoneの「Watch」アプリ経由で行う仕組みになっています。
     
    AppleはwatchOS 6について、専用のApp Storeを導入すること、またiOSでおなじみのアプリを追加することなどを発表しています。watchOSがApple Watchで直接アップデート可能になることも含めて、Apple Watchは今後さらにiPhoneに依存しないデバイスになっていくと思われます。

     
     
    Source:MacRumors
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次