トップページ > iOS > 新「PencilKit」でアプリを簡単にApple Pencil対応にできる
2019年6月7日 04時40分

読了まで 149

新「PencilKit」でアプリを簡単にApple Pencil対応にできる

PencilKit-WWDC-2019-04


 
Appleは世界開発者会議(WWDC 2019)において、次期OS「iOS13」の一環として、サードパーティーアプリでもApple Pencilを活用できるようにする新フレームワーク「PencilKit」を発表しました。

Apple Pencilの活用が簡単に

米メディア9to5Macによると、PencilKitではたった3行のコードで、Apple Pencilの低遅延、ユーザーインターフェース、ツールパレットを活かしたアプリ開発が可能になります。
 
今までは、上記の機能を実現しようとすると開発者は独自のエンジンを開発しなければならず、相当な時間がかかっていました。
 
WWDCでは、実際にPencilKitで新しいApple Pencil機能を取り入れた2つのアプリ、画像を集めてブックマークできるPinterestとお絵かきアプリCanvasが紹介されました。

iOS13の登場でApple Pencil対応アプリが増える

PencilKit-WWDC-2019-01
Appleが開発者向けに公開しているPencilKitの解説ページにおいて、開発者は同APIによって、iOSまたはmacOS向けアプリを簡単にApple Pencil対応にできる、と説明しています(指にも対応)。
 
また開発者は、豊富なツール(ペン、マーカー、鉛筆、消しゴムなど)が揃ったパレットやキャンバスにもアクセス可能です。
 
iOS13の登場により、Apple Pencilが利用可能なアプリが増えることが期待できそうです。

 
 
Source:Apple via 9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる