トップページ > iOS > iOS13では、入力ミスしてもiPhoneを振らなくていい。各種動作も高速化
2019年6月4日 19時35分

読了まで 221

iOS13では、入力ミスしてもiPhoneを振らなくていい。各種動作も高速化

Apple WWDC19 iOS 13
 
Appleが現地時間6月3日に発表した、iPhone用次世代OSのiOS13には、ダークモードなどの新機能のほか、日常的に使うアプリ起動などの動作が高速化し、文字入力操作がスムーズにできるよう、進化します。

ロック解除やアプリ起動が高速化、アプリ容量は半減

AppleiOS13について、システム全体を最適化することで、各種動作速度が向上している、と説明しています。
 

  • 顔認証のFace IDによるロック解除が30%高速化
  • App Storeからのアプリ初回インストール時の容量を50%、アップデート時は60%小型化
  • アプリの起動速度は2倍高速化

 
Apple WWDC19 iOS 13
 

文字入力と編集がスムーズに

iOS13でも、iPadOSと同様に、画面を3本指で左、右にスワイプするだけで「元に戻す(アンドゥ)」「やり直す(リドゥ)」操作ができるようになります。文字入力をミスしても、iPhoneを振る必要がなくなります。
 
また、文字入力時のカーソルが、高速かつ正確に動作するようになります。文字の選択も、タップ&スワイプの操作だけで可能になります。
 
ダブルタップで住所や電話番号、メールアドレスなどを認識して選択できるほか、トリプルタップで文章、4回タップすればパラグラフ全体を選択できます。

フォントをApp Storeから入手可能に

iOS13やiPadOSでは、App Storeから好みのフォントをダウンロードしてインストールすることができるようになります。
 
Adobeやモリサワのフォントが利用可能になると発表されています。
 
Apple WWDC 19 フォント
 

Siriが自然に話せるように

iOS13では、Siriが自然なイントネーションで話せるようになりました。特に、ニュースの読み上げなどの長い文章で改善されています。
 
WWDC 19の基調講演では、iOS12とiOS13でSiriが文章を読み上げる音声を比較し、iOS13でSiriの音声が自然になっていることが強調されました。
 
Apple WWDC19 iOS 13
 
また、Siriがサードパーティ製アプリのメッセージや予定からリマインダを設定することも可能になります。

HomePodが便利に

Apple製スマートスピーカーHomePodで、Siriはユーザーの声を聞き分けることができるようになり、話しかけているユーザーに応じた音楽再生、メッセージや予定の読み上げが可能になります。
 
また、音楽再生や通話をiPhoneからHomePodへと、スムーズに引き継ぐHandoffが利用可能となります。
 
Apple WWDC19 iOS 13
 
 
Source:Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる