ティム・クックCEO、ニューオリンズの音楽教育施設を訪問〜Apple製品を寄付

    The Ellis Marsalis Center for Music


     
    Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、ジャズの発祥の地として知られる米ルイジアナ州ニューオリンズの教育施設Ellis Marsalis Music Centerを訪れ、Apple製品の寄付を行うパートナーシップを発表しました。

    センターを訪れた喜びをツイート

    テュレーン大学での卒業式のスピーチのためルイジアナ州を訪れていたクックCEOですが、同時に音楽教育施設Ellis Marsalis Music Centerを訪問しました。
     
    クックCEOは、約2時間をセンターで過ごし、学生の音楽制作のためApple製品を寄付することを明らかにしました。
     


     
    クックCEOは収容人数150人のコンサートホールで学生たちの演奏を聴き、一部の学生の音楽制作の様子も視察していったとされています。
     
     
    Source:9to5Mac
    Photo:Richard Martin/Flickr
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次