トップページ > 最新情報 > Appleがペアレンタルコントロールアプリの削除に関しての公式声明を発表
2019年4月29日 17時41分

読了まで 159

Appleがペアレンタルコントロールアプリの削除に関しての公式声明を発表

Twitter

Twitter

pocket

Pocket


 
Appleが自社製「スクリーンタイム」と同様の機能を持つサードパーティ製アプリをApp Storeから締め出しているとのThe New York Timesの報道に対し、Appleは公式な声明を発表し、アプリの削除理由を説明しました。

App Storeのガイドラインに反していたためアプリは削除された?

The New York Timesの報道の中で、複数のアプリ開発者がAppleから何の前触れもなくスクリーンタイムもしくはペアレンタルコントロール機能を持つアプリを不当に削除されたと主張していましたが、Appleはあくまでガイドラインに反していたためそのような措置が施されたと釈明しています。
 
Appleによれば、多くのペアレンタルコントロールアプリは、モバイルデバイスマネジメントあるいはMDMと呼ばれる、本来なら企業が所有するデータやハードウェアをコントロールするための技術を一般消費者を対象に不当に使用していたとのことです。
 
ガイドラインに違反した開発者には、30日間の変更の猶予期間が与えられたとされていますが、アプリに変更が加えられなかった場合にApp Storeから削除となった模様です。

競争の問題ではなくセキュリティの問題

Appleは、ペアレンタルコントロール機能を持つアプリのApp Storeからの削除は、セキュリティの観点から行われたものであり、決して競争を妨げるためではないと主張しています。
 

一般消費者を対象としたアプリケーションの事業者がお客様のデバイス上にMDMのコントロールをインストールすることは極めてリスクがあり、App Storeのポリシーに明確に違反します。アプリケーションがユーザーのデバイスに対して行なうコントロールを超えて、MDMのプロファイルはハッカーが悪意ある目的で使用できることが調査によって明らかになっています。

 
 
Source:Apple
Photo:Apple
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる