トップページ > 最新情報 > Apple、WWDC でiPhoneのNFCへのアクセスをサードパーティ企業に開放か
2019年4月24日 18時43分

読了まで 156

Apple、WWDC でiPhoneのNFCへのアクセスをサードパーティ企業に開放か


 
Appleが開発者会議WWDC 2019で、iPhoneNFC(近距離無線通信)をサードパーティ企業にも開放する可能性が噂されています。

サードパーティ企業が利用できる技術方式が増えるか

現在、開発者はNFC Data Exchange Format(NDEF)という形でのみiPhoneのNFCへのアクセスが許可されており、ユーザー間のコンタクト情報の交換などが可能とされていますが、異なる非接触型ICカードの技術方式も利用できるようになる、とTechSpotが伝えています。
 
匿名の情報提供者によれば、サードパーティ企業が、ISO7816FeliCa、そしてMiFareタグでもiPhoneのNFCを使用できるようになるとのことです。現在アプリで読み込み可能なのは前述のNDEFのみとなっています。
 
IPA 独立行政法人 情報処理推進機構は、「ISO 7816ではスマートカードの物理的な部分の規格、電気的特性、標準コマンド、標準セキュリティが定義されている」としています。
 
FeliCa(フェリカ)はソニーが開発した非接触型ICカードの技術方式で、JR東日本でも採用されています。
 
MiFare(マイフェア)はNXP Semiconductors(Phillipsの半導体部門が独立)の非接触ICカードの通信規格です。イギリスのロンドン市内の公共交通機関の非接触型ICカード、オイスターカードなどに使用されています。

実現すれば多くの用途が考えられる

情報提供者が匿名なこともあり信憑性は定かではありませんが、NFCの開放が実現した場合、多くの用途が考えられるでしょう。
 
WWDC 2019は6月3日〜7日の期間で開催となっています。
 
 
Source:TechSpot via TechRader, IPA
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる