トップページ > 最新情報 > Spotify、著作権使用料引き上げ反対でApple Musicに負ける?
2019年4月10日 22時44分

読了まで 29

Spotify、著作権使用料引き上げ反対でApple Musicに負ける?


 
現在、音楽ストリーミングサービスで世界最大の利用者数を誇るSpotifyですが、著作権使用料を引き下げようとする努力が裏目に出て、アーティストからの反感を買っています。エンターテインメント系メディアVarietyは、著作権使用料を巡る争いでの勝者はAppleだと指摘しています。

Appleのみ著作権使用料値上げに反対せず

著作権使用料委員会(Copyright Royalty Board、CRB)は2018年、作詞・作曲者に対する著作権使用料を、今後5年間で44%引き上げる決断を下しました。この決定に対し、音楽ストリーミングサービスを提供するSpotify、Amazon、Google、SiriusXM/Pandoraは、決定を再考するよう同委員会に申し出ていますが、この行動がアーティストらから批判を浴びています。
 
音楽ストリーミングサービス大手で、著作権使用料引き上げに不服を申し立てなかったのは、Appleのみでした。

広がる#CancelSpotifyの動き

Spotifyは先月、Appleを独占禁止法違反で欧州委員会に提訴しましたが、同社のほうがむしろ現在危うい立場にあると、Varietyは記しています。
 
多くの作詞・作曲者、アーティストらは、Spotifyの著作権使用料値上げ反対に異議を唱え、さまざまなソーシャルメディアで#CancelSpotifyのタグを広めています。

どちらに転んでもAppleは得をする

Varietyはまた、今回の件がどちらに転んでもAppleは得をすると指摘します。著作権使用料がこのまま引き上げられれば、Spotifyらに反発したアーティストたちの信頼を勝ち取れるだけでなく、Apple Musicのユーザー数増にもつながります(一部アーティストがSpotifyでは楽曲を配信しないと明言しているため)。逆にSpotify、Google、Amazonらの主張どおり値上げされなければ、Appleの著作権料支払いも増えないからです。
 
Apple Music米国内の有料会員登録者数で、ついにSpotifyを超えたことが、先日のThe Wall Street Journalの報道により明らかになっています。

 
 
Source:Variety via 9to5Mac
(lunatic)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる