トップページ > 最新情報 > TSMC、2020年のiPhone用「A14」を5nmプロセスルールで製造へ
2019年4月9日 13時13分

読了まで 159

TSMC、2020年のiPhone用「A14」を5nmプロセスルールで製造へ

A11 Bionic
 
iPhone用のAシリーズプロセッサを供給する台湾のTSMCは、5nmプロセスルールでの設計基盤が整ったことを発表しました。2020年のiPhoneの「A14」プロセッサは5nmルールで製造されると見込まれます。

2020年のiPhoneに搭載か

TSMCは、5nmプロセスルールで製造されるプロセッサについて、7nmプロセスでの製造と比べて、1.8倍のロジック密度と15%の速度向上が実現する、と説明しています。
 
同社はすでに、5nmプロセスルールでの「リスク生産」と呼ばれる試験的な生産段階に入っていることも発表しています。
 
「5nm」の数字は配線の幅を指しており、数字が小さくなることで回路の密度が高まり、小型化、処理性能の向上、省電力化などの利点があります。
 
iPhoneに搭載されるプロセッサは年々微細化が進んでおり、A10 Fusionの16nmが、A11 Bionicでは10nmに、A12 Bionicでは7nmへと進化しています。
 
5nmプロセスルールで製造されるプロセッサは、2020年のiPhoneに「A14」として搭載されるこ見通しです。

2016年からiPhone用プロセッサを独占受注するTSMC

TSMCは、2016年のiPhone7に搭載されたA10 Fusionプロセッサ以降、iPhoneに搭載されるAシリーズプロセッサを独占受注しています。
 
Appleは通常、主要部品の供給元を複数確保することでリスク対策とコスト低下をはかっており、2015年のiPhone6sに搭載されたA9までは、Samsung製のプロセッサも採用していました。
 
iPhone6sでは、プロセッサの製造元によって性能が異なるとして「チップゲート」と呼ばれる騒ぎになっていますが、有意な差は見られなかったとの検証結果が発表されています。
 
 
Source:TSMC via MacRumors
(hato)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる