トップページ > 最新情報 > KDDI、ソフトバンク、楽天と東電PG、5G用基地局に「電柱」を活用する共同実験
2019年3月20日 19時21分

読了まで 23

KDDI、ソフトバンク、楽天と東電PG、5G用基地局に「電柱」を活用する共同実験

東京電力パワーグリッド(東電PG) 電柱
 
東京電力パワーグリッド(東電PG)、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルネットワークの4社は3月19日、次世代モバイル通信「5G」の基地局として、電柱などの電力設備を活用する共同実験に取り組むと発表しました。

高速大容量の5Gには電波の性質上の弱点も

2020年の国内サービス開始が予定されている「5G」は、高速大容量通信が可能ですが、使う電波の周波数帯が従来の携帯電話に比べて高い性質上、電波が遠くまで届きにくく、障害物の影響を受けやすいという弱点もあります。
 
この弱点をカバーするには、基地局を高密度に設置する必要がありますが、携帯電話事業者にとっては設備投資がかさむほか、基地局の林立による景観への影響も懸念されていました。

効果的な基地局整備、早期のサービス開始に期待

4社による共同実証実験では、東京電力パワーグリッドが保有する電柱などの電力インフラに携帯電話事業者3社が基地局設備を設置し、電柱への基地局設備の設置方法や電波の干渉、保守性などについて検証を行う計画です。
 
5G 電柱 共同実験
 
4社は、複数の事業者が設備を共同利用することで、都市部での効果的な基地局整備や、地方での早期サービス開始などのメリットが期待できると説明しています。共同実証実験は、2019年上半期から開始予定です。

東電PGとKDDIが携帯各社に呼びかけ、共同実験に

ライバル同士の共同実験となったのは、電力インフラの有効活用を検討していた東電PGと、5G基地局の設置について検討していたKDDIが共同での実証実験を行うことが決まり、携帯電話各社に声をかけたところ、ソフトバンクと楽天も参加することになったそうです。
 
今回の発表でNTTドコモが含まれていませんが、今後、条件が整えば参加する可能性もあるとのことです。
 
なお、NTTドコモは先日、世界初となる建物の窓を基地局にする透明なアンテナを発表しています。
 
 
Source:東京電力パワーグリッド, KDDI, ソフトバンク, 楽天モバイルネットワーク
Photo:東京電力パワーグリッド
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる