トップページ > 最新情報 > ドコモ、世界初の「窓を基地局にする」ガラスアンテナを発表!AGCと共同開発
2018年11月8日 08時15分

読了まで 156

ドコモ、世界初の「窓を基地局にする」ガラスアンテナを発表!AGCと共同開発

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

NTTドコモ AGC ガラスアンテナ
 
NTTドコモとAGC(2018年7月に旭硝子から社名変更)は11月7日、ビルの窓を基地局として活用可能になる、世界初のガラス製アンテナを開発したと発表しました。2019年から配置し、都市部での通信の安定などが期待できます。

都市部では基地局の設置場所が課題

通信が集中する都市部では、安定した高速通信を実現するために、小型の基地局を高密度に配置することが必要となります。
 
しかし、従来の基地局は建物の屋上や壁面に取り付ける必要があり、都市部では設置場所の確保が課題となっています。
 
NTTドコモは、こうした問題に対応するべく「マンホール型基地局」を開発し、2018年度内の本格運用をめざしています。

建物の窓の内側に貼り付けて設置して窓を基地局に

NTTドコモとAGCが共同開発したガラス製アンテナのサイズは70センチ x 21センチで、建物の内側から既存の窓の内側に貼り付ける方法で設置できるため、街の景観を損ねないメリットがあります。
 
NTTドコモ AGC ガラスアンテナ
 
また、新技術「Glass Interface Layer」の効果により、ガラスを通過しても電波が減衰・反射しにくい特徴もあります。
 
NTTドコモ AGC ガラスアンテナ

2019年から設置、5G対応品も開発

ガラス製アンテナは、3.5GHz帯のTDD-LTEで通信し、4×4MIMOにも対応しています。最大で588Mbpsの通信速度が可能します。
 
NTTドコモ AGC ガラスアンテナ
 
NTTドコモは、ガラスアンテナを2019年上期からLTE周波数帯の基地局に展開していく予定で、5Gに対応したガラスアンテナの開発も検討する、と発表しています。
 
次世代モバイル通信技術である5Gは、2020年頃の商用サービス開始を目標に、各社が実証実験を行っています。
 
 
Source:NTTドコモ
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる