Microsoft「Skype for Web最新版はSafariに対応しない」

    skype-for-web-safari

    skype-for-web-safari
     
    Microsoftが提供するインターネット電話サービスSkypeのデスクトップ版「Skype for Web」の最新バージョンは、ブラウザのSafari、Firefox、Operaに対応しないことがわかりました。米メディアVentureBeatが報じています。

    Microsoft EdgeとGoogle Chromeのみサポート

    Microsoftは現地時間3月7日、「Skype for Web」の最新版をリリースしましたが、同バージョンはMicrosoft EdgeとGoogle Chrome、そしてChromiumベースのブラウザしかサポートしないことが判明しました。
     
    つまりAppleのSafari、MozillaのFirefox、そしてOperaでは利用することができません。
     
    Microsoftの広報担当者はVentureBeatに対し、新しいSkypeは「通話およびリアルタイムメディア」技術を必要とし、これらの実装方法がブラウザによって異なるため、Microsoft EdgeとGoogle Chromeを優先することに決定したと説明しています。

    2月からユーザーに通知

    ただし今回のサポート停止発表は、ユーザーの怒りは買ったものの、驚きとはなりませんでした。というのも、Skype for Web最新版のリリースに先立ち、Microsoftは2月より、Firefox、Safari、OperaのSkype for Webユーザーに対し、これらのブラウザは今後サポートしないため、EdgeまたはChromeを使用するよう呼びかけてきたからです。ただしその時点では、サポート停止がいつになるのかは明言していませんでした。
     
    Skype for Webの最新版では、HDビデオ通話機能が追加され、通知パネルとメディアギャラリーのデザインが一新されています。

     
     
    Source:VentureBeat via 9to5Mac
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次