トップページ > Apple Watch > 次のwatchOS 6では健康リングが追加?コンセプト画像が公開
2019年3月5日 00時07分

読了まで 215

次のwatchOS 6では健康リングが追加?コンセプト画像が公開

watchOS 6コンセプト
 
昨年9月にリリースされたwatchOS 5では、Apple Watchユーザー同士で利用できるトランシーバー機能のほか、新しい文字盤やワークアウト機能など、さまざまな新機能が追加されました。
 
昨年watchOS 5のコンセプト画像を公開したアプリ開発者のマット・バーチュラー氏が、今年も次期OSであるwatchOS 6がどうなるかを予想、コンセプト画像を紹介しています。

watchOS 6のコンセプト画像

6月に開催される世界開発者会議(WWDC 19)での発表が見込まれるwatchOS 6について、バーチュラー氏は次のように予想しています。
 

新しいSiri文字盤

watchOS 6コンセプト
 
watchOS 4で追加され、進化してきたSiri文字盤について、同氏はインフォグラフモジュラーのようなさらなるカスタマイズが可能となり、カラーもSiriのカラー(青と紫のグラデーション)とグレイだけでなく、より多くのバリエーションが追加されると予想しています。
 

睡眠追跡・健康リングの追加

watchOS 6コンセプト
 
watchOS 5には現在、「ムーブ」「エクササイズ」「スタンド」を追跡する「アクティビティリング」がありますが、睡眠や瞑想など心身の健康をトータルでチェックする「健康(Well Being)」リングが追加されるのでは、というのがバーチュラー氏の予想です。リングではありませんが深呼吸を促す「呼吸」アプリがあることを考えると、健康リングの追加はあるかも知れません。
 

ドックのグリッド式レイアウト

watchOS 6コンセプト
 
バーチュラー氏はApple Watchのドックの使い方について、現在の縦スクロール式があまり好きではないとし、少なくとも画面が大きくなったApple Watch Series 4以降のモデルでは、ドックをグリッド式レイアウトにしたらどうかと提案しています。この画像では4つのアプリが表示されています。
 
このほか、コンセプトというよりも自分自身の希望として、iPhoneやiPad、Macでは使えるコンティニュイティ機能が、Apple WatchとiPhoneにも適用される(例:iPhoneでカメラアプリを開いたらApple Watchでも自動的にカメラアプリが開く、など)、データを他社アプリに転送しやすくする、文字盤を常時表示するオプションを追加する、などの案を提示しています。

 
 
Source:BirchTree via 9to5Mac
(lunatic)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる