トップページ > 最新情報 > HomePod、2018年のホリデーシーズンに45%の伸びを観測
2019年2月20日 17時48分

読了まで 23

HomePod、2018年のホリデーシーズンに45%の伸びを観測

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

homepod
 
AppleのスマートスピーカーHomePodは、2018年第4四半期(10-12月)に前四半期と比べて出荷台数が45%増となったとStrategy Analyticsが報告しています。

前期比で45%増、160万台を売り上げ

HomePodはスマートスピーカー市場の中でわずか6%ほどのシェアを占めるにとどまっていましたが、Strategy Analyticsの新しいデータによれば、昨年のクリスマスを含める2018年第4四半期に、HomePodの出荷台数は第3四半期(7-9月)と比べて45%増え、160万台を売り上げたことがわかっています。
 
しかしながらライバル社も多くのスマートスピーカーを売り上げたため、HomePodのシェアは以前よりも若干少ない全体の4%となった模様です。

スマートスピーカー市場は100%の成長を記録

Strategy Analyticsによると、スマートスピーカー市場は対前年同期比で100%の成長を記録しており、全体で3,850万台を売り上げたとのことです。
 
いまだにAmazon Echoが市場をリードしており、その後をGoogleが追う形となっています。
 
AmazonとGoogleのスマートスピーカーの出荷台数は、2018年第4四半期に前期比でそれぞれ93%と121%の伸びを記録しています。

スマートスピーカーにさらに力を注ぐApple

Appleは先日、Microsoft元役員のサム・ジャダラ氏を雇い入れたと報じられており、今後HomePodを含めるスマートホーム事業にさらに力を入れていくのではないかとみられています。
 
ジャダラ氏は、Greylockというスマートロック企業の最高経営責任者(CEO)を務めていたことでも知られています。Greylockは「スマートロック業界のApple」と評されるほど製品の完成度が高かったといわれており、ジャダラ氏がAppleのスマートホーム事業を牽引するのも納得です。
 
 
Source:Strategy Analytics via 9to5Mac
(lexi)

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる