トップページ > 最新情報 > iOS12.2のSafariはモーションセンサーへのアクセスをブロック可能に?
2019年2月5日 17時40分

読了まで 21

iOS12.2のSafariはモーションセンサーへのアクセスをブロック可能に?

Twitter

Twitter

pocket

Pocket


 
iOS12.2Safariに、WebサイトによるiPhoneの加速度センサーやジャイロセンサーなどのモーションセンサーへの直接的なアクセスを妨げる機能が含まれるといわれており、Webベースの拡張現実(AR)および仮想現実(VR)が大きな影響を受ける可能性があることがわかりました。

特に広告がダメージを受けるか

iOS12.2Safariは、Webサイトからのモーションセンサーへのアクセスを検知すると、機能をオンにするかどうか許可を求めるようになる、とAppleの開発者ページの資料に記載されていることが明らかになりました。
 
特にWebベースのARおよびVR広告などへの影響が心配されているようです。モーションセンサーへのアクセスを許可するかという余分なステップが敷かれてしまい、広告が見られる可能性が狭められてしまうからです。

WebベースのARおよびVRとは?

ARやVRは、iOSやAndroidアプリだけでなく、直接ブラウザ上からデバイスのカメラやモーションセンサーにアクセスし、起動させることもできます。これらのアプローチは「WebXR(XRはARとVRの両方が含まれる」とも呼ばれ、アプリストアを介することなく直接WebアドレスからWebアプリへのアクセスを促すことができるという大きな利点があります。
 
Firefoxブラウザの開発で知られるMozillaなどがWebXRに力を入れているといわれていますが、iOSのデフォルトブラウザであるSafariでモーションセンサーへのアクセスがブロックされるオプションが生まれてしまうと、WebXRコンテンツにとっては痛手になることには間違いありません。
 
WebXRは、Mozillaの他にもAR.jsなど、Javascriptでブラウザを介してマーカーベースのARを動かす試みもあり、アプリに依らない第3の方法として一定の注目を集めています。
 
 
Source:Apple via Digiday, Mozilla, AR.js
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる