トップページ > 最新情報 > シャープ、有機ELディスプレイでAppleサプライチェーン入り目指す
2019年1月29日 18時06分

読了まで 149

シャープ、有機ELディスプレイでAppleサプライチェーン入り目指す


 
2019年のディスプレイ企業の動向が明らかになってきており、台湾Foxconn傘下のシャープ有機EL(OLED)ディスプレイパネルの生産ラインの運用を開始したと報じられています。

シャープはすでに生産ラインを設置済み

従来LCDパネルのみの生産を行っていたディスプレイ企業が、OLEDディスプレイの生産に続々と乗り出している、と台湾DigiTimesが伝えています。
 
中国拠点のBOE TechnologyとTianma Micro-electronicsは、OLEDディスプレイパネルの歩留まりを改善し続けており、韓国LG DisplayのOLEDディスプレイパネルの売上も全ディスプレイ収益の10%以上に達したことがわかっています。
 
また、Foxconn傘下のシャープもOLEDディスプレイを搭載した次世代iPhoneのサプライヤーとして加わることを模索しているとされています。
 
iPhoneは2020年にはすべてOLEDディスプレイ搭載になるともいわれており、OLEDディスプレイの需要は今後さらに高まりそうです。

OLEDディスプレイはハイエンド機のものだけではなくなる?

2019年のスマホ業界の傾向として、OLEDディスプレイをミッドレンジモデルにも採用しようとする動きがあるといわれています。
 
また、2019年のスマホのトレンドのひとつになるともいわれる折りたたみスマホにもOLEDディスプレイが採用される見込みです。
 
 
Source:DigiTimes via AppleInsider
Photo:GSMArena
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる