トップページ > 便利グッズ > 落下を検知しシャキーン!とiPhoneを守るケース、ついに出資受付を開始!
2018年12月20日 19時48分

読了まで 251

落下を検知しシャキーン!とiPhoneを守るケース、ついに出資受付を開始!

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

AD CASE KickStarter
 
落下を検知してバネがシャキーン!と飛び出し、iPhoneを衝撃から守るケースとして、ガジェット好きの注目を集めた「ADcase」が、クラウドファンディングサイトKickStarterで出資受付を開始しました。

世界中で注目を集めたiPhoneケース

以前ご紹介した「ADcase(Active Damping Case)」は、iPhoneが落下を始めたことを検知すると、ケースに内蔵されたしなやかな金属板が飛び出し、落下時の衝撃でiPhoneが破損するのを防いでくれるケースです。
 
AD CASE KickStarter
 
「ADcase」は、2018年6月にドイツメディアに紹介されたのをきっかけに世界中のメディアから注目を集めました。当時、近日中にKickStarterで出資を募ると予告されていましたが、約半年を経て、ついに出資受付が開始されました。

落下を検知し飛び出すバネがiPhoneを守る

通常時の「ADcase」は、少し厚みのあるiPhoneケースといった外見です。
 
AD CASE KickStarter
 
iPhoneが落下を開始すると、
 
AD CASE KickStarter
 
センサーが落下を検知し、
 
AD CASE KickStarter
 
本体の四隅からバネがシャキーン!と飛び出します。
 
AD CASE KickStarter
 
落下の衝撃をしなやかに受け止めるので、iPhoneは無傷です。
 
AD CASE KickStarter
 
「ADcase」は、iPhoneを衝撃から保護した後も、バネを格納することで何度でも再利用できます。
 
AD CASE KickStarter
 
「ADcase」には、ワイヤレス充電に対応したバッテリーも内蔵されているので、ワイヤレス充電非対応のiPhoneでもADcase経由でワイヤレス充電が可能になります。Lightningケーブルでの充電も可能です。
 
AD CASE KickStarter
 
「ADcase」の紹介動画はこちらでご覧ください。
 

 

3サイズのiPhoneに対応、カラバリは2種類

「ADcase」には現在、iPhone6/6s/7/8用と、iPhone X/XS用、iPhone6 Plus/6s Plus/7 Plus/8 Plus用の3種類のサイズがあります。
 
それぞれに、ブルーとグリーンのカラーバリエーションが用意されています。
 
AD CASE KickStarter
 
当初は流通台数の多いモデルを対象に製品化するため、残念ながら、現段階でiPhone XS MaxとiPhone XR用「ADcase」の製造計画はないそうです。

約6,400円から入手可能!期限は1月16日まで

本稿執筆時点で、「ADcase」を入手できる最低出資額は以下のとおりです。
 

  • iPhone6/6s/7/8用:50ユーロ(約6,400円)
  • iPhone X/XS用:60ユーロ(約7,700円)

 
日本への送料は、15ユーロ(約2,000円)です。
 
出資額が集まった場合の発送時期は、iPhone6/6s/7/8用が2019年7月、iPhone X/XS用が2019年8月と案内されています。
 
なお、iPhone6 Plus〜iPhone8 Plus用の「ADcase」は、目標以上の出資額が集まった場合に受付が開始される予定で、発送は2019年9月の予定です。
 
KickStarterでの出資受付期間は2019年1月16日までで、本稿執筆時点では目標額の55万ユーロ(約7,000万円)に対して、約26,000ユーロ(約330万円)の出資が集まっています。

 
 
Source:KickStarter via CNET Japan
(hato)

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる